【スキャルピングNG】DMMFXのベストスタイル

証券会社

はいさい!tentenです!

みなさんは、FX会社選びを適当にしてないですか?

FX会社選びは、かなり重要な要素ですよ。
それは、FX会社で成績が左右されます。

悪いFX会社を選んでしまうと、【ストップ狩り】をしてくることもあります。
このストップ狩りの何がたちが悪いかと言うと、法律で認められている行為だと言うことです。

なので、そんなFX会社を選ばないように、しっかりと確認していきましょう。

ボクは、自分が使っているFX会社しか紹介しませんので、ご安心を!!
自分が使っている = 自分が有利にFXができるFX会社です。

今回は、そんな自分が使っているFX会社のひとつで、『DMM FX』を紹介していきます。

この記事を読むと、こんな悩みが解決します。

  • DMM FXでスキャルピングはできるの?
  • DMM FXは使い道は?
  • DMM FXを使うメリットとデメリットは?

ボクが、DMM FXを使っていて、やってはいけない事、どんな使い方をしているのか、使う上でのメリット・デメリット等と紹介していきます。

» DMM.com証券の公式サイト

本記事の内容

  1. DMM FXでスキャルピングはNG
  2. 1-1.DMM FXでスキャルピングを繰り返すとどうなる?

  3. DMM FXはデイトレードがベスト
  4. 2-1.デイトレードが合うFX会社の条件

  5. DMM FXの長所
  6. 3-1.DMM FX長所1:スプレッドが業界最狭水準
    3-2.DMM FX長所2:約定力があり安定している
    3-3.DMM FX長所3:取引ツールが使いやすい
    3-4.DMM FX長所4:スマホで取引ができる
    3-5.DMM FX長所5:各種手数料が無料
    3-6.DMM FX長所6:クイック入金が約340の金融機関で使える
    3-7.DMM FX長所7:24時間サポートがあり安心
    3-8.DMM FX長所8:キャッシュバック20,000円有り

  7. DMM FXの短所
  8. 4-1.DMM FX短所1:スキャルピングが禁止
    4-2.DMM FX短所2:スワップポイントの受取額と支払額で差がある

  9. DMM FXのまとめ

1.DMM FXでスキャルピングはNG

DMM FXでスキャルピングはNG

一番最初に、伝えておかないといけないことがあります。

【DMM FXはスキャルピングがNG】です。

え?他のところで大丈夫ってみたよ?って思っているかもしれません。

確かに数回であれば、問題ないのかもしれません。
ですが、DMM FXの約款に、このように記載されています

第7条 (禁止事項)
(9)短時間での注文を繰り返し行う行為

DMM FX店頭外国為替証拠金取引約款

短時間での注文を繰り返し行う行為というのが、スキャルピングになります。
DMM FXでは、明確に禁止となっているのです。

もし、他のFX会社でスキャルピングをやりたい時は、必ず約款を確認するようにしてください。

1-1.DMM FXでスキャルピングを繰り返すとどうなる?

では、DMM FXでスキャルピングを繰り返すと結局どうなるのか?

約款には書かれているけど、何も起こらなければ、別に良いんじゃない?って人はいると思います。

結論から言うと、スキャルピングを繰り返すと【口座を凍結】されます。
口座凍結されるとこのようになります。

  • 二度と取引ができない
  • 入金はNG、出金はOK
  • 取引できないが、ポジションがあれば決済は可能

2.DMM FXはデイトレードがベスト

DMM FXはデイトレードがベスト

では、DMM FXは、どのようなトレードスタイルが合うのでしょうか?
結論から言うと、DMM FXが合うトレードスタイルは、【デイトレード】です。

2-1.デイトレードが合うFX会社の条件

こちらが、デイトレードにあったFX会社の条件です。

  • スプレッドが狭い
  • 約定率が高い
  • 取引ツールが使いやすい
  • スマホで取引ができる

デイトレードをやる時に、スプレッドが狭いのは、絶対に外せない条件です。
また、スプレッドと合わせて確認したいのが、約定率です。
そして、取引ツールの使いやすさ・スマホで取引ができることも重要です。

そして、DMM FXはこの全てが揃っているので、デイトレードに適しているFX会社になります。

3.DMM FXの長所

DMM FXの長所

DMM FXの長所を挙げていきます。
この長所があるから、デイトレードに向いていると言えます。

こちらがDMM FXの長所です。

  • DMM FX長所1:スプレッドが業界最狭水準
  • DMM FX長所2:約定力があり安定している
  • DMM FX長所3:取引ツールが使いやすい
  • DMM FX長所4:スマホで取引ができる
  • DMM FX長所5:各種手数料が無料
  • DMM FX長所6:クイック入金が約340の金融機関で使える
  • DMM FX長所7:24時間サポートがあり安心
  • DMM FX長所8:キャッシュバック20,000円有り

では、説明していきます。

3-1.DMM FX長所1:スプレッドが業界最狭水準

FXにとって費用になりうるスプレッドは狭い方が、もちろん良いです。
デイトレードでは、毎日数回の取引を行うので、バカになりません。

スプレッドに関して、DMM FXは業界最狭水準です。
こちらがDMM FXで提示されている主な通貨ペアのスプレッドです。

通貨ペア スプレッド
ドル円 0.2pips
ユーロドル 0.4pips
ユーロ円 0.5pips
豪ドル円 0.7pips

3-2.DMM FX長所2:約定力があり安定している

スプレッドと合わせて確認したいのが、こちらの約定力です。
ちゃんと安定して、提示されたスプレッドで約定することが大事です。

DMM FXはEMCOM系システムを使用していて、安定していると評判があります。
EMCOM系システムとは、動作が軽く、スプレッドが狭く、約定スピードが早いという特徴があります。

3-3.DMM FX長所3:取引ツールが使いやすい

ここは、ボクの感触で申し訳ないですが、取引ツールはとても使いやすいと感じています。

使用できるテクニカル指標も、29種類あり十分です。

エントリー時に、自分が決めたpipsで損切りを設定できたりするのも、アラート機能がついているのも、かなり便利です。
また、全てを一括で決済できる一括決済注文は、トレーダーが煩わしく思っている作業を捉えてくれています。

3-4.DMM FX長所4:スマホで取引ができる

今の時代スマホで取引ができないと、使いづらく感じるでしょう。

これは、取引環境を揃える時にパソコンだけでは、かなり不安です。
何かあった時に、注文をだせないようでは、リスクが高すぎます。

DMM FXはもちろんスマホでの取引が可能です。

テクニカル指標はもちろん使えますが、パソコンよりは使える数は少ないです。
ですが、それでも普通に使えるくらいの数です。

画面が小さいので、慣れるまでは使いづらさも感じると思いますが、デイトレードくらいならトレードは可能です。

ちなみにボクは、スマホでトレードをしています。

3-5.DMM FX長所5:各種手数料が無料

DMM FXは各種手数料が無料です。

FXは各種手数料が無料だと思われていますが、実は、手数料がかかってくるところが結構あります
どんな手数料がかかってくるかというと、口座維持手数料や、ロスカット手数料がかかってくるのです。

もちろん、こんな手数料も全て無料なのです。

3-6.DMM FX長所6:クイック入金が約340の金融機関で使える

クイック入金が、多くの金融機関で使えるのは、嬉しいです。

FXは平日の24時間取引があり、一日で一番値動きがある時間が、21時から24時になります。
チャンスだと思っているので、口座にお金がなくて、取引ができないということが起こります。

そんな時に、クイック入金があると助かります。
DMM FXは取扱金融機関が多く、クイック入金は夜間でも反映されるので、取引チャンスを逃しません。

3-7.DMM FX長所7:24時間サポートがあり安心

DMM FXのサポートは充実しています。
24時間体制のサポートがあるため、何かあった時に、対応してくれます。

取引ツールの使い方がわからないとかの対応もしてくれるので、FX初心者には安心ですね。

3-8.DMM FX長所8:キャッシュバック20,000円有り

DMM FXで口座開設すると、条件はありますが、キャッシュバックがあるのは、ありがたいです。

FXはお金を儲けるためにやるものです。

取引するだけで、儲けることができるのは、とてもラッキーですよね。
また、資金が少ないトレーダーにとっても、かなり助かります。

» DMM.com証券の公式サイト

4.DMM FXの短所

DMM FXの短所

FX会社で、全てが、万能というところはほぼないといっていいでしょう。

どこかで、バランスを取らないといけないからです。
例えば、スプレッドが以上に狭いけど、約定率がバチクソ低いとか。

そういった短所はDMM FXにもあるのです。
DMM FXの短所はこちらです。

  • DMM FX短所1:スキャルピングが禁止
  • DMM FX短所2:スワップポイントの受取額と支払額で差がある

では、説明していきます。

4-1.DMM FX短所1:スキャルピングが禁止

第一章でも紹介しましたが、DMM FXはスキャルピングが禁止です。

スプレッドも狭くて、スキャルピングがOKというFX会社は、あまり聞きません。
スキャルピングがOKというところは大体、スプレッドが広く設定されていて、絶対にFX会社が損をしない仕組みになっているのです。

スキャルピングをやられると、DMM FXのようなスプレッド業界最狭水準を謳っているところは、損をしてしまうので、禁止になっていると思われます。

4-2.DMM FX短所2:スワップポイントの受取額と支払額で差がある

DMM FXは、スワップポイントの受取額と支払額に差が出ています

これは、どういうことかというと、現在(2020年5月1日現在)のドル円のスワップポイントは、買いスワップがプラスで売りスワップがマイナスになっています。
この買いスワップと売りスワップに差をつけることで、FX会社が儲けるような仕組みとなっているわけです。

良心的なFX会社は、この差がほぼないというところも存在します。

スキャルピングやデイトレードのようなスタイルであれば、ほぼ気にすることはありません。
ですが、それ以上のスイングトレードとポジショントレードでは、トレード成績に響いてきますので、DMM FXは不向きと言えるでしょう。

5.DMM FXのまとめ

DMM FXは、デイトレードが一番向いているというのが、わかっていただけたと思います。

ボクは、何社か使い分けているのですが、DMM FXを使う時は、デイトレードで使用すると決めています。
そうやって、複数のFX会社の長所を組み合わせて、トレードスタイル別に、使い分けをしています

先ほども話したように、全てが万能なFX会社は存在しません。
FX会社によって様々な色があり、長所を使い分けることで、トレーダーにとってプラスに働きます

FX会社を選ぶ時は、自分がどのスタイルで取引をしたいのかを決めたうえで、長所と短所を見ていただければいいと思います。
ポジショントレードを基準にして、スワップポイント狙いのトレードがしたいのに、スプレッドが狭くて、スワップポイントが差があるところを選ぶって、かなりズレてますよね。

そんなことがないように、しっかりと基準を持って確認していきましょう。

最後にDMM FXのポイントをまとめておきます。

  • DMM FXはスキャルピングは禁止
  • DMM FXはスワップポイント狙いの取引スタイルは向いていない
  • DMM FXはデイトレードで使う

では、今日はここまでー。
ちゃおー。