【見られてる?】FXでエントリーした瞬間に逆行するのはポイントが悪い

基礎知識・注意点

はいさい!tentenです!

今回はエントリーに関しての、記事を書いていきたいとおもいます。

この記事を読むとエントリーに関する、こんな悩みやが解決します。

  • エントリーした瞬間に逆行する理由がわかる
  • エントリーするポイントやタイミングがわかる
  • エントリーする時に絶対やってはいけないこと

FXをしていたら誰もが、一度はエントリーで悩みます。

ぼくが、悩んでたどり着いたエントリーに対する答えを、全てお答えします。

本記事の内容

  1. FXでエントリーした瞬間に逆行する理由
  2. FXのエントリーは基本が大事
  3. 2-1.頭と尻尾はくれてやれ 
    2-2.上がり始めたら買え、下がり始めたら売れ 
    2-3.安くで買って、高くで売る

  4. FXで絶対やってはいけないエントリーの仕方
  5. 3-1.重要な指標でのエントリー 
    3-2.飛び乗りでのエントリー 
    3-3.ポジポジ病 
    3-4.根拠のないエントリー 
    3-5.ナンピンでのエントリー

  6. 【まとめ】FXのエントリーはとにかく基本が大事

1.FXでエントリーした瞬間に逆行する理由

FXでエントリーした瞬間に逆行する理由

FXを始めて、FXのサイトや本を読んで勉強もした。 
どれにでも書いている、エントリーポイントはここ!という【重要な値にラインを引いてブレイクしたらエントリー】。 
ブレイアウト手法。本やサイトを読んでいたら、よく目にする手法ですよね。

これよく逆行するでしょ?(笑)

これで負けてる人ってかなり多いんです。

では、なんでブレイクアウト手法がかなり多いか知ってますか?

理由は単純。 
手法にするのが簡単だからです。

ブレイクしたらエントリーって単純すぎません??

でもね、こんなに言ってるんですけど、否定しているわけではないんです。

これをやる人が一番見落とすことが【重要な値にラインを引いて】というところ。
重要なラインをしっかりと見極めれておらず、長期足での相場環境認識ができていないから、エントリー後にすぐに逆行するんです。

重要なラインに関しては、また今後詳しく書いていきますので、ラインに関してはヒントだけ出しておきますね。

重要なラインとは【みんなの損切りが多く入っているライン】

もうヒントではないです(笑)。 
ほぼ答えですね。

ブレイクアウト手法をする前に、もう一度ここを見直してみてください。

2.FXのエントリーは基本が大事

FXのエントリーは基本が大事

まず、いいエントリーとは、どんなエントリーなのかを考えてみましょう。 
FXでいいエントリーとは、【含み損を全く抱えないこと】です。

エントリーでの最終目標はここを目指したいのですが、実際には無理に近いです。

なぜなら、未来に対して投資をしているので、全てにおいて勝ちトレードって無理なんですよね。 
必ず、【負ける】ことを想定して、トレードルールを作らなければいけません。 
その中で、資金をどう増やしていくかが大事なんです。

深く話すと話がそれるので、話を戻します。

いいエントリーとは、【含み損を全く抱えないこと】でしたが、全てにおいてそれは無理だとお話ししました。

目指すところは、そこですが、最初からそれをやると負け続けてしまいます

では、どうするか・・・。

FXは基本がとても大事です。 
FXだけではないです。 
投資は基本が大事。 
基本をしっかり学べば、ぼくは勝てると思っています。

全てのポイントにおいて、大事になってくる考え方ですが、もちろんエントリーにも関わってくることなので、今一度この3つを考えてみてください。

  • 頭と尻尾はくれてやれ
  • 上がり始めたら買え、下がり始めたら売れ
  • 安くで買って、高くで売る

投資やFXをやっている人なら、一度は聞いたことがあるとおもいます。 
当たり前すぎて、忘れていませんか?

投資において基本中の基本なんですよね。

負けが続くと、ぼくはこの3つの言葉を見返します。 
すると、不思議と調子を取り戻すんですよね。

全ての言葉に、本質が詰まっています。 
また、前章でも言った、【みんなの損切りが多く入っているライン】も頭に入れながら、一度深く考えてみてください。

それでは、一つずつ説明していきます。

2-1.頭と尻尾はくれてやれ

頭と尻尾はくれてやれ

【頭と尻尾をくれてやれ】というのは、相場で言うと、このトレンドの中間の利益を取りにいけ、ということです。

もう少し早くエントリーしたらよかったのにな。とか、もう少し待っていれば、利益がちょっと伸びたのにな。とか考えなくていいです。

そんなことを考えてトレードスタイルを崩すよりかは、次のエントリーポイントを狙い待つ方がよっぽど重要なんですよね。

もっと具体的に話をすると、相場の頭と尻尾を狙うとは、つまり、相場の最初から最後まで利益を取りに行こうということなんです。

エントリーポイントのところだけを話すと、頭を狙いにいくという事は、トレンドとは逆方向にエントリーしないといけないことになります。

つまり、トレンドに対して【逆バリ】になるんですよね。

逆バリは頭と尻尾を狙ってトレードをするので、利益は大きく取れますが、勝率はグンと落ちます。 
かなりハイリスクハイリターンな取引手法になるんです。

そんな逆バリで狙うよりかは、もう少し待って、トレンド転換を確認します。 
ここで出てくるのが、【みんなの損切りが多く入っているライン】です。

重要なラインをブレイクしたことをきっかけに、みんな追随してきて値が伸びてくるのが、わかるとおもいます。

エントリーに絞った話ですので、少ししか触れませんが、エグジットも一緒ですね。 
【尻尾をくれてやれ】部分ですが、トレンド転換する【みんなの損切りが多く入っているライン】で利益確定をすると上手くいきます。

2-2.上がり始めたら買え、下がり始めたら売れ

上がり始めたら買え、下がり始めたら売れ

上がって、下がって、また上がって、下がってというように相場には波があります。

この波を上手く利用しなければいけません。

【上がり始めたら買え、下がり始めたら売れ】というのは、【頭と尻尾をくれてやれ】と同じで、【上がり始め】【下がり始め】なんですよね。 
全部を取りに行ってないんです。

そしてこの言葉は、当たり前のように聞こえますが、実践するのはすごく難しいんです。

FXをやってて思うんですが、ブランクになった時にこれが頭に浮かぶんですよ。 
頭に浮かんだ時に、「あ・・・」ってなるんですよね。

何度もしつこく言いますが、【上がり始めたら買え】という部分は【みんなの損切りが多く入っているライン】で買えということになります。

2-3.安くで買って、高くで売る

安くで買って、高くで売る

これも、すごく当たり前のことを言っていますよね。

ぼくも、最初は「こんなの当たり前やん」と思っていました。 
でもね、FXで経験を積んでいくうちに、これができていないことがわかってんです。 
というか、これができていたら、エントリーした瞬間に逆行なんてしないはずなんですよね(笑)

【安くで買って、高くで売る】ですが、これは注意が必要です。

自分が安いと思っているところに、【みんなの損切りが多く入っているライン】が入っているかが重要なポイントになります。

短期足で見てしまいがちですが、長期足で常に相場環境認識を行ってください。

これが、一番の逆行する理由なんです。

3.FXで絶対やってはいけないエントリーの仕方

FXでは絶対やってはいけないエントリーの仕方があります。

  • 重要な指標でのエントリー
  • 飛び乗りでのエントリー
  • ポジポジ病
  • 根拠のないエントリー
  • ナンピンでのエントリー

この5つのエントリーです。

これ、気が抜けるとついついやってしまうんですよね。

みんながFXを始めたきっかけを思い出してください。

【お金を増やすこと】ですよね。

今の時期はコロナウイルス が流行っていますが、コンビニでマスク6枚入りで698円で売っています。 
ぼくは、高いとおもいますが、皆さんはどうですか?

普通に物を買う時は高いとか安いとか考えるのに、FXになると、ほぼ損をしてしまうようなところや、大きく損をするようなところでエントリーしてしまいます。

何も考えもなしにです。

【お金を増やすこと】を真剣に考えてエントリーしてください。 
そうすると、このようなダメなエントリーが減ってきます。

ダメなエントリーが減ることで、これだけでも大きくトレードレベルが向上します。

それでは、なぜこの項目がダメなエントリーになるのかを説明していきます。

3-1.重要な指標でのエントリー

まず、重要な指標とは毎月のお祭りである、雇用統計やFOMC等です。

こういった、重要な指標に合わせてのエントリーはしてはいけません。

それは、指標はどちらに動くかわからず今までの流れを簡単に覆すことがあります

今日の流れはこっちだから、指標もこっちに動くだろうと、エントリーすると、全く違った方向に動くとかよくあります。

また、指標の動きをみて、大きく上がったから買いで入ったとしても、そこからすぐに逆に動く時もあります。

【安くで買って、高くで売る】事の逆をしているわけです。 
【高くで買って、安くで売る】、こんなことをしていたら、いつまで経っても勝てませんよ。

毎日の日課として、今日はどんな指標があるかを確認してください。

ちなみに、ぼくはエントリー毎に近くに重要な指標がないかを確認しています。 
ぼくが、使っている指標を確認するサイトは「Investing.com」です。 
トレードスタイルによっては、エントリー毎にできないこともあるので、それは、自分のトレードスタイルを考えてやってください。

3-2.飛び乗りでのエントリー

指標でもないのに、いきなり相場が大きく動く時があります。 
そんな時に利益が取れそうと思って、焦ってエントリーしてはいけません。

これは【ダマシ】といって、一旦上にあげてから、下げるということをヘッジファンドは仕掛けてきます。 
これに個人投資家はブレイクアウトだと騙されて、エントリーしてしまうわけです。 
エントリー後、しっかりと値を下げさせて、個人投資家の損失がヘッジファンドの利益となります。

こういった、【ダマシ】に合わないためにも、飛び乗りでのエントリーはやめましょう。

3-3.ポジポジ病

ポジポジ病の人は結構多いのではないかとおもいます。 
かなり、無駄なエントリーになるんですよね。

ここでエントリーしないと利益が取れないって思ってないですか?

無駄なエントリーしても損失が増えていくだけですよ。 
何度も言いますが、自分たちが目指すのは【お金を増やすこと】です。

エントリーポイントってそんなに頻繁にくるものではないですよ。
自分が一番勝ちやすいと思うところに照準を当てて、確率の高いところだけで勝負をしてください。

3-4.根拠のないエントリー

エントリーに根拠を持つことはとても大事です。 
また、根拠を持つことでポジポジ病も治ります。

むしろ、根拠がないからこそポジポジ病になるんですが・・・(笑)

ブレイクアウト手法でもいいのですが、しっかりと根拠を持ってエントリーしてください。

根拠があると、このエントリーはルールに則ったエントリーだったのか、また、ダメなエントリーだったのかという対策が立てれます。 
無策なエントリーを繰り返していると、何がダメだったのかもわかりませんよ。

【お金を増やすこと】を頭に入れて、しっかりと根拠を持って、エントリーしてみてください。

3-5.ナンピンでのエントリー

【安くで買って、高くで売る】を表現しようとして、ナンピンで適当にエントリーしてないですか。

これは、ダメですよ。

立ち上がれなくなるほどの、損失を抱えることがあります。

伝説の投資家ジョージ・ソロス氏の名言で【まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ】というのがあります。 
生き残れば、また儲けるチャンスがやってくるのです。

ナンピンが全てダメというわけではなく、すごく高度な手法ですので、基本的にはやらない方がいいと思っています。

4.【まとめ】FXのエントリーはとにかく基本が大事

FXにエントリーは基本が大事です。 
まずはこの3つ徹底的に頭に入れてください。

  • 頭と尻尾はくれてやれ
  • 上がり始めたら買え、下がり始めたら売れ
  • 安くで買って、高くで売る

そして、大事なのは【みんなの損切りが多く入っているライン】でしたね。 
しっかりと、長期足で確認してくださいね。

ここまできたら、エントリー前に注意ポイントを確認してエントリーです。

  • 重要な指標は確認した?
  • 飛び乗りでのエントリーじゃない?
  • ポジポジしてない?
  • エントリーの根拠は大丈夫?
  • ナンピンはダメだよ?

ここまできたら自分を信じてエントリーしてください。

では、今日はここまでー。 
ちゃおー。