FXのIFD注文とは【エントリーとエグジットがセットできる方法はコレ!】

基礎知識・注意点

はいさい!tentenです!

FXをやっていて、こんな悩みがある人、多いですよね。

  • チャートが見れない間の、エントリーチャンスをもったいなく感じている
  • チャートをずっとみていると、どうしてもトレードルールを破ってしまう
  • 利確でビビって早いし、損切りはズルズルで損大利小を克服したい

そんな悩み、tentenが、全て解決しましょう。

今回は、IFD注文に関しての記事です。

この注文方法をマスターしたら、FXでいろいろなことができます。
そして、FXで勝ち組になる為には、必要なスキルだと思っています。

なぜなら、ボクがエントリーする時には、IFD注文を使っているからです。

IFD注文の紹介する前に、IFD注文は特殊注文なので、基本注文である、指値注文と逆指値注文を理解をしていないといけません。
その注文方法を知らないよ。という方は、まずは「FXの指値とは?」「FXの逆指値とは?」の二つの記事を読んだ後に、読み進めることをおすすめします。


それでは、IFD注文について紹介をしていきます。

本記事の内容

  1. FXのIFD注文とは【エントリーとエグジットがセットできる注文方法】
  2. IFD注文のメリットとデメリット
  3. 2-1.IFD注文は指値と逆指値の弱さを克服
    2-2.IFD注文のメリット
    2-3.IFD注文のデメリット

  4. IFD注文のベストな使い方(tenten調べ)
  5. 3-1.頭と尻尾はくれてやれ
    3-2.IFD注文はダウ理論との相性◎

  6. その他の注文方法
  7. 【まとめ】

1.FXのIFD注文とは【エントリーとエグジットがセットできる注文方法】

FXのIFD注文とは【エントリーとエグジットがセットできる注文方法】

IFD注文(読み:イフダンちゅうもん)とは、特殊注文のひとつで、新規注文(エントリー)と決済注文(エグジット)の両方を同時に出しておく、注文方法です。
新規注文(エントリー)が約定すると、決済注文(エグジット)が自動的に有効になります。

ちょっと言葉にするとわかりづらいと思うので、具体的な注文手順を紹介します。

具体的な注文手順は以下のようになります。

  • 新規注文(エントリー)の選択
  • ・買い(ロング)か売り(ショート)を選択する
    ・指値か逆指値を選択する
    ・エントリーしたいレート指定する

  • 決済注文(エグジット)の選択
  • ・エグジット時の指値か逆指値を選択(利益確定か損切りを選択)
    ・エグジットしたいレートを指定する

IFD注文は、この内容でワンセットになります

2.IFD注文のメリットとデメリット

IFD注文のメリットとデメリット

IFD注文のメリットとデメリットを紹介していきます。
いい面も悪い面ももちろんありますが、使い方次第では、悪い面はほぼ無効化してくれると思っています。

ボクは、注文する時には、よくIFD注文を使っていますが、正直デメリットを感じていません。

トレードスタイルによっては、ガッツリとデメリット部分が出ちゃうって人は、OCO注文IFO注文が向いているかもしれません。

2-1.IFD注文は指値と逆指値の弱さを克服

【エントリーの注文とセットでエグジットの注文が出せない】というデメリットが指値注文と逆指値注文にはありました。

特殊注文のIFD注文は、エントリーとエグジットがセットで注文ができる為、指値注文と逆指値注文のデメリット部分を、丸ごと取り除いてくれる存在です。

特殊注文を覚えてしまうと、基本形の指値注文と逆指値注文の使い所は、エグジット部分だけになってきますので、上手く使い分けて下さい。

2-2.IFD注文のメリット

IFD注文のメリットはこちらです。

  • チャート分析だけして、セットすればOK
  • トレードルールに則った、エントリーチャンスを逃すことが少なくなる
  • 順張りでも逆バリでも使える

チャート分析だけして、セットすればOK

日中に仕事や家事・育児、学校がある人なんているかもしれません。
そんな時は、チャートを見たくても見れないですよね。

IFD注文のメリットはここにあります。

朝にチャート分析をして、IFD注文を入れておけば、自分が思っていた、レートでエントリーしてくれて、思惑通りに動けば、エグジットまでしてくれます。

トレードルールに則った、エントリーチャンスを逃すことが少なくなる

自分のトレードルールができたら、特殊注文で注文することをオススメします。

それは独自のトレードルールを、成行注文でやると、チャートをずっと見とかなければいけません。
そうすると、せっかく作った、トレードルールがルール通りの運用ができなくなってしまいます。

それは、自分の【感情】が入ってしまうからです。

ルールを作っても、自分の感情が入ってしまったトレードになると、『なんとなく上がりそうだからエントリーしよう』とか『この含み益がなくなるのが、もったいないから、ここら辺で利確してしまおう』とか『含み損だけど、どうせ戻ってくるんでしょ?』とかの適当なトレードになりがちです。

FXで勝つためには、期待値(プロフィットファクター)が1.0を超えた、トレードルール通りにやっていく必要があります。
その一助となるのが、IFD注文の特殊注文だと、ボクは考えています。

順張りでも逆バリでも使える

基本注文の指値注文と逆指値注文では、エントリー時には、順張りか逆バリになっていました。
IFD注文はどちらでも選べます。

長期で狙う時には、順張りエントリー、短期で狙う時には、逆バリエントリーって感じで、相場環境に合わせて使い分けるのもOK。

2-3.IFD注文のデメリット

IFD注文のデメリットはこちらです。

  • エグジットの時に一方の選択しかできない

正直、ボクのトレードスタイルでは、デメリットとして感じにくいです。

ですが、利益確定も損切りもしっかりと行いたい。という方には、デメリットとなると思います。
そんな人たちでも、他の特殊注文のOCO注文やIFO注文で、このデメリットは軽減されると思います。

エグジットの時に一方の選択しかできない

IFD注文は、エントリーとエグジットの両方をセットできますが、エグジットを出す時には、指値か逆指値のどちらかしか出せません。
エグジットの時に、指値か逆指値のどちらかしか出せないということは、利益確定損切りかを選択する必要があるのです。

ですが、両方向に出せる特殊注文が、OCO注文やIFO注文ですので、上手く使い合わせて、デメリット部分を軽減させて下さい。

3.IFD注文のベストな使い方(tenten調べ)

IFD注文のベストな使い方(tenten調べ)

IFD注文のボクの使い方を紹介します。

先に言っておきますが、ボクのトレードスタイルはトレンドフォロー(順張り)です。

3-1.頭と尻尾はくれてやれ

エントリー時のポイントについて話していきたいと思います。

ボクが基本的に狙うトレードは、【頭と尻尾はくれてやれ】順張りトレードです。

ひとつのトレンドを先行期・追随期・利食い期に分けた時の、追随期を狙ったトレードになります。

エントリー時のポイントとして、先行期でトレンド転換が起こる事によって、【みんなの損切りが多く入っているライン】を見極め、そこのラインにIFD注文で逆指値を置きます。

このラインを超える事で、一気に値が加速しやすく、すぐに利益につながります。

3-2.IFD注文はダウ理論との相性◎

次は、エグジットについてです。

ボクは、エグジットでも逆指値を使います
つまり、損切り方向にセットするということ。

それじゃ、いつまで経っても、利益にならないんじゃ・・・と思うでしょうが、大丈夫です。

ボクのトレードスタイルの基礎となっているのが、【ダウ理論】です。
IFD注文はかなり、ダウ理論と相性がいいと思っています。

ダウ理論の【トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する】というのがあります。
【トレンドは継続する】ということがポイントです。

トレンドの定義は、上昇トレンドで言うと、【高値と安値の両方が切り上がる】です。
ということは、安値の下に逆指値を移動させ続ければ、利益は自然と伸びることになります。

逆にいうと、安値のラインを割ることで、次のトレンド転換の予兆が出ることになります。
そこのラインは、エグジットしていないといけないポイント、でもあるのです。

こうやって、損切り方向に逆指値を置いて、【損小利大】を狙ったトレードを心がけています。

4.その他の注文方法

その他の注文方法

IFD注文の他にも、様々な注文方法があります。

他の注文方法を覚えることで、トレード技術の向上につながりますので、他の注文方法もマスターしてください。

5.【まとめ】

IFD注文の基本的内容と、使い方までを紹介しました。

ボクがやっているトレードは、順張り手法で、かなり基本的な内容だと思っています。
ですので、初心者の方でもやりやすい、と思っています。
負けている方もトレードの基本に戻って、勉強することで【勝てるトレード】ができると思います。

順張りトレードの基本を固められるのが、IFD注文だと思っています。

IFD注文の、ボクの使い方を、まとめておきたいと思います。

  • IFD注文で、逆指値の逆指値を使って、順張りトレードをする
  • 【頭と尻尾はくれてやれ】で、中期のトレンドを狙う
  • 【トレンドは継続する】ので、安値に逆指値を置いて、利益を伸ばせるまで伸ばす

ぜひ、IFD注文を使ってみてください。

では、今日はここまでー。
ちゃおー。