FXの指値とは【注文方法を知ると技術面が向上する?!】

基礎知識・注意点

はいさい!tentenです!

FXで、指値注文の使い方をマスターすると、こんなことができるようになります。

  • チャートを見なくても、注文ができる
  • 自分の思ったところで、注文・利確ができるようになる
  • ポジポジ病を克服できる

注文方法を覚えるだけで、かなり技術面に幅が広がります。

また、指値注文だけでなく、他の注文方法も紹介していきますので、指値注文とセットでマスターするようにしましょう。

本記事の内容

  1. 指値注文とは【FXの注文方法のひとつ】
  2. 1-1.エントリーの時の指値注文
    1-2.エグジットの時の指値注文

  3. 指値注文のメリットとデメリット【指値注文の特徴】
  4. 2-1.指値注文のメリット
    2-2.指値注文のデメリット

  5. 指値注文とどう違う?【逆指値注文】
  6. まだまだある!他の注文方法を紹介
  7. 【まとめ】注文方法の使い方をマスターしてFXを有利に進める

1.指値注文とは【FXの注文方法のひとつ】

指値注文とは【FXの注文方法のひとつ】

指値注文は、FXの基本の注文方法のひとつです。

一番ポピュラーな注文方法は、成行注文で、チャートを見ながら、BUY(買)かSELL(売)のボタンを押して、現在の押したところのレートで約定されます。

指値注文は、注文の予約ができ、ここのレートに来た時に、買いや売りを入れることができます。

1-1.エントリーの時の指値注文

エントリーの時の指値の使い方

指値注文は、買いで入りたいという時には、『今のレートが高すぎるから、ここまでレートが低くなったら買いたいな』という時に、買いたいレートに指値注文を入れておくと、そのレートになった時に注文が入ります。

売りで入りたいという時には、『今のレートが低すぎるから、ここまでレートが高くなった時に売りたいな』という時に、売りたいレートに指値注文を入れておくと、そのレートになった時に注文が入ります。

エントリーする時に使う、指値注文は、【逆バリ】になります。

1-2.エグジットの時の指値注文

エントリーの時の指値の使い方(エグジット)

指値注文はエントリーだけではなく、エグジットでも使えます。
エグジットで使う、指値注文は、利益確定で使います。

買いポジションを持っている場合、ここまでレートが上がったら利益確定したいという時に、そのレートに指値注文を入れておくと、そのレートになった時に利益確定をしてくれます。

売りポジションを持っている場合、ここまでレートが下がったら利益確定したいという時に、そのレートに指値注文を入れておくと、そのレートになった時に利益確定をしてくれます。

2.指値注文のメリットとデメリット【指値注文の特徴】

指値注文のメリットとデメリット【指値注文の特徴】

指値注文はメリットもあれば、デメリットもあります。
全てを知った上で、今の相場にはどんな注文方法が合うのかを考えながら、注文方法を変えてください。

2-1.指値注文のメリット

これが指値注文のメリットです。

  • チャートを見なくても、注文・利益確定ができる
  • ポジポジの克服ができる

チャートを見なくても、注文・利益確定ができる

指値注文がいいところは、チャートを見なくても注文できます。
ということは、朝にチャート分析して、自分が思うレートにきたらエントリー予約ができます。
今までの成行注文ではできなかった、チャートを見ていない時の絶好のエントリーチャンスを掴むことが出来るのです。

また、利益確定したい時でも、チャートを見ていない時に、自分の思惑方向にレートが動いて、利益確定ポイントに到達した時に、指値注文を入れておくと、利益確定を行ってくれます

ポジポジ病の克服ができる

ポジポジ病はチャートの見過ぎにあります。チャート分析をして、注文を指値注文等の注文方法にしておくことで、チャート分析通りの注文を行うことができ、ポジポジ病の克服になります。

2-2.指値注文のデメリット

これが指値注文のデメリットです

  • 逆バリでの注文・利益確定の注文しかできない
  • エントリーの注文とセットでエグジットの注文が出せない

これから説明するのは、指値注文のデメリットです。これらを補う注文方法もありますので、全ての注文方法をマスターしてください。

逆バリでの注文・利益確定の注文しかできない

指値注文の内容を読んでいて気づいた方もいるかもしれませんが、エントリー時には、逆バリ方向にしかできませんし、エグジットの時には、利益確定にしか使えません

エントリーの注文とセットでエグジットの注文が出せない

ポジションを持っていないとして、エントリーとエグジットのセットでの注文ができないので、エントリーはできたとしても、その後に思惑が外れて、逆方向に動いた時には、大きな含み損を抱えている状況になっているかもしれません。

3.指値注文とどう違う?【逆指値注文】

指値注文とどう違う?【逆指値注文】

指値注文とセットで覚えて欲しいのが、逆指値注文です。

逆指値注文は、指値注文とどう違うのかというと、エントリー時に順張り(トレンドフォロー)方向に注文を出すことができます。

エグジットの時には、多大な損失を出さないように、損切りライン付近に注文を出すことができます。

逆指値注文はこちらの「FXの逆指値とは?【順張りトレーダーの親友です】」記事になります。指値注文とセットでマスターして下さい。

4.まだまだある!他の注文方法を紹介

まだまだある!他の注文方法を紹介

指値注文の他にも、様々な注文方法があります。

指値注文以外の注文方法がこちらになります。

今まで、相場を見れなかった時間帯でも、エントリーからエグジットまで事前に注文する方法や、利益を伸ばしたい時に、値が伸びた分だけ逆指値を動かしてくれる注文方法もあります。

このように注文方法を覚えて、使い方をマスターするだけで、FXの幅が広がり、色々な相場に対応することができるので、マスターできるようにしましょう。

5.【まとめ】注文方法の使い方をマスターしてFXを有利に進める

今回は、指値注文の基本情報と使い方の説明をしてきました。

指値注文は、基本的な注文方法です。
ここが抑えられていないと、他の注文方法の使い方も難しくなってきますので、理解するまで、何度も読み直してください。

ですが、指値注文は足りないところだらけです。

何度も言いますが、注文方法をマスターするだけでも、かなりFXの技術が向上します。
辛いと思いますが、将来の自分を想像して、頑張って勉強していきましょう。

では、今日はここまでー。
ちゃおー。