【超基礎】FXでいうロングとは?【ずばり買いの事】

基礎知識・注意点

はいさい!tentenです!

FXをやっていると、業界用語が結構あります。
FXを始めたばかりは、全然わからなくて困りますよね。

正直トレードをやるだけだったら、知らなくても問題ないですよ。
ですが、トレードで勝ちたいのなら、業界用語を知らないといけません

それは、トレードの勉強する時は、業界用語ばかりです。
業界用語を知らなければ、全然理解できないんですよね。

今回は、そんな業界用語でも、最初らへんに『なにコレ?』ってなる【ロング】です。

この記事を読めば、こんな悩みが解決します。

  • FXの業界用語【ロング】の意味がわかる
  • ロングの由来がわかる←あまり知られていない
  • ロングの基本的な使い方がわかる

用語理解が、一番の知識習得の近道になるので、頑張ってください。

本記事の内容

  1. FXでいうロングとは?
  2. 1-1.ロングの具体的な使い方
    1-2.売りは【ショート】

  3. 2.ロングの由来は?
  4. 2-1.ロングはFXだけの用語?
    2-2.ロングの由来となったのは【時間がかかる】

  5. ロングの特徴
  6. ロングエントリーする時は押し目買いが基本
  7. 4-1.上昇トレンドが出ていること
    4-2.一時的な下降
    4-3.短期足でのサイン
    4-4.ロングエントリー

  8. ロングのまとめ

1.FXでいうロングとは?

FXでいうロングとは?

FXでは、買いで新規注文をすることを、【ロングエントリー】と呼びます。

SNS等で使われている時は、「ロングで入ったわwww」みたいに略されていることが多いです。
なので、買いの事を【ロング】と呼んでいるんだなと、思ってもらったらいいと思います。

このロングと、FXの通貨ペアを合わせて、使ったりもします。

  • ドル円ロング → 米ドル/円のロングエントリー
  • ユロドルロング → ユーロ/米ドルのロングエントリー
  • ユロ円ロング → ユーロ/円のロングエントリー
  • ポン円ロング → ポンド/円のロングエントリー
  • オージー円ロング → 豪ドル/円ののロングエントリー

1-1.ロングの具体的な使い方

具体的には、1ドル100円の時に、自分の予想が、ここから円安になる(相場が上がる)と予想だとします。

相場が上がると思ったなら、買いで新規注文を出しますよね。
買いの新規注文を出す事を、【ロングエントリー】と呼びます。

新規注文を出してから、決済注文を出すまで、買いの建て玉を保有している事を、【ロングポジション】と言います。

この後に、1ドル100円から1ドル110円になったところで、ロングポジションを決済する(エグジットする)事で、1ドル10円の利益になるというわけです。

1-2.売りは【ショート】

買いは【ロング】でしたね。

では、反対の売りはなんというのでしょうか?
売りのことは【ショート】と呼びます。

これもロングと同じく、新規注文の時は、【ショートエントリー】
ショートを保有している事を、【ショートポジション】と呼びます。

売りの【ショート】はこちらの「【超基礎】FXのショートとは?【売りでOK】」の記事で説明しています。ロングと合わせて読んでください。

2.ロングの由来は?

ロングの由来は?

大事なことなんですが、意味は知っていても、由来まではあまり知られていません
ロングポジションの由来を知るだけで、ロングポジションの特徴も掴めます

では、買いの【ロング】にはどう言った意味があるのか紹介していきます。

2-1.ロングはFXだけの用語?

ロングというのは、FXだけの言葉ではなく、もっと広く、金融・証券用語として使われています。
それこそ、株取引や先物取引、最近では仮想通貨でも使われる用語です。

FX以外の投資も興味があるという人は、他の投資商品でも使える言葉です。

2-2.ロングの由来となったのは【時間がかかる】

では、本題のロングの由来はなんでしょうか?

株取引などで、上昇する時は、ゆっくりと時間をかけて、長期的に価格が上昇する傾向があります。
また、下降する時は、短い時間で、短期的に価格が下降する傾向があります。
上昇するのは、時間がかかるけど、下降するのは、崩れ落ちるように一瞬の出来事です。

ロングポジションというのは、【ゆっくりと時間をかけて、長期的に価格が上昇する】ということからきています。
長期保有をしないといけない、買いポジションから、【ロング】という言葉が生まれたと言われています。

3.ロングの特徴

ロングの特徴

ロングの特徴は、ロングの由来である、【ゆっくりと時間をかけて、長期的に価格が上昇する】です。
ロングを持つ時は、ショートより、長い時間保有する必要があるので、辛抱が必要です。

それは、株の特徴であって、通貨を対象としているFXでは、関係ないって人もいますが、FXにも少なからずあります。

FXも株も、取引しているのは、【人】なのです。

ですので、人は視覚的に上昇していると、【安全なイメージ】を抱いてしまいます。
一方で、下降する時は、【危険なイメージ】が強くなります。

こういった、大衆心理が働いて、FXでもロングは、【ゆっくりと時間をかけて、長期的に価格が上昇する】傾向にあるのです。

4.ロングエントリーする時は押し目買いが基本

ロングエントリーする時は押し目買いが基本

ロングで入る場合、どういった場所で、エントリーすればいいのでしょうか?

それは、【上昇トレンド中の一時的な下降を狙った押し目買い】での順張りエントリーが基本になります。

下記が基本のロングエントリーの手順です。

  • 上昇トレンドが出ていること
  • 一時的な下降
  • 短期足でのサイン
  • ロングエントリー

では、ひとつずつ説明していきます。

4-1.上昇トレンドが出ていること

ロングエントリーする大前提となるところです。

まずは、上昇トレンドの定義ですが、明確に示してくれた理論があります。
それが【ダウ理論】です。

ダウ理論の一つに【トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する】というのがあります。
【明確な転換シグナル】というのを上昇トレンドで言うと。
【安値と高値の両方が切り上がる】
これが、上昇トレンドの定義になります。

この上昇トレンドを見つけるようにしてください。

4-2.一時的な下降

上昇トレンドは、ずっと上がりっぱなしではありません。
ジグザグに、波をうちながら、上昇していきます。
そこの、上昇した後の、【一時的な下降】を狙う必要があります。

4-3.短期足でのサイン

上昇トレンドが出ている、短期足では、一時的な下降は、下降トレンドとなっているはずです。

この、短期足での下降トレンドが崩れた場所が、ロングエントリーのサインとなります。

4-4.ロングエントリー

ここまできたら、ロングエントリーをするだけです。

【4-3.短期足でのサイン】では、逆バリでのエントリーですが、【4-1.上昇トレンドが出ていること】で大きく見た場合は、順張りでのエントリーとなります。

順張りトレードを心がけることで、利益をしっかり伸ばせ、損切りも浅くすることもできます。
【損小利大】を心がけてエントリーしてください。

また、ロングエントリーの押し目買いに関して、説明している「FXの押し目買いとは【負け続けている人はこれができていない!】」を記事にしていますので、もっと詳しく知りたいという方は、見てみてください。

5.ロングのまとめ

FXの【ロング】について、説明してきました。

ロングの由来もわかることで、ロングの特徴もわかってもらえたのではないかと思います。
特徴をわかってもらうことで、チャートを動かしているのは、【人】だという事を意識を持ってもらえればと思っています。

では、最後にロングのポイントをまとめておきます。

  • 【ロング】とは【買い】のこと
  • 【ロング】の由来と特徴は【長期的に価格が上昇する】
  • 【ロング】の基本は【上昇トレンドでの押し目買い】

大事なのは、すぐに実践すること。
チャートですぐにエントリーしてください!ということではありません。
まずは、ご自身でチャート見てください。
ここでは具体的なエントリーも紹介しているので、ぜひ実際にチャートを見て、考えてみてください。

では、今日はここまでー。
ちゃおー。