FXの逆指値とは?【順張りトレーダーの親友です】

基礎知識・注意点

はいさい!tentenです!

基本の注文方法は、こんな注文方法があります。

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文

今回は、逆指値注文をマスターできる記事を書いていきたいと思います。

この記事を読むと、こんなことができるようになります。

  • 逆指値注文がしっかりと理解できる
  • 順張りのタイミングを逃さずできる
  • 損失を最小限に抑えることができる

逆指値は、基本の注文方法のひとつです。

逆指値は、一番最初に覚えるトレード手法の【順張り手法】と、かなり相性がいい注文方法です。

トレードで負けている人は、いろいろな理由があると思いますが、ぼくが思うのは、基礎ができていない人が多いように思います。
注文方法を再度勉強し直すだけでも、気付けることはたくさんあると思いますので、この機会におさらいをしてみてください。

基本の注文方法のひとつである、指値注文は、こちらの「FXの指値とは【注文方法を知ると技術面が向上する?!】」で紹介していますので、ぜひ逆指値とセットで確認してください。

本記事の内容

  1. FXの逆指値注文とは【指値とセットで覚えよう】
  2. 1-1.エントリーの時の逆指値注文
    1-2.エグジットの時の逆指値注文

  3. 逆指値注文のメリットとデメリット【デメリットは補える】
  4. 2-1.逆指値注文のメリット
    2-2.逆指値注文のデメリット

  5. 逆指値注文はこう使え!【順張りトレーダーの親友です】
  6. 3-1.順張りはトレードの基本【逆指値注文はかなり有効です】
    3-2.損切りの逆指値注文は絶対必要!!
    3-3.利益を段階的に伸ばし続ける

  7. 逆指値注文を使う時の注意点
  8. 4-1.絶対にそのレートで約定するとは限らない
    4-2.利益確定は成行注文になる
    4-3.相場環境が変わったら注文の削除を忘れずに

  9. 他の注文方法を紹介
  10. 【まとめ】

1.FXの逆指値注文とは【指値とセットで覚えよう】

FXの逆指値注文とは【指値とセットで覚えよう】

逆指値とは、FXの基本の注文方法の一つです。
逆指値注文は、現在のレートで約定を行う、成行注文とは異なり、注文の予約を行って、約定させる注文方法のひとつです。

指値注文も、同じように注文の予約を行なって、約定させる注文方法ですが、指値注文と使い方が全く違ってきますので、しっかりと理解してください。
どちらかというと、逆指値注文を使用する方が多くなると思いますので、しっかりとマスターしていきましょう。

1-1.エントリーの時の逆指値注文

エントリー時の逆指値注文(買いの時)

逆指値注文は、買いで入りたいという時には、『今のレートより上にある、ラインの値を超えると、上昇する勢いが強くなりそうだから、勢いがつくところの、ラインのレートより少し上くらいで買いたいな』という時に、現在のレートより上の、買いたいレートに逆指値注文を入れておくと、そのレートになった時に注文が入ります。

エントリー時の逆指値注文(売りの時)

売りで入りたいという時には、『今のレートより下にある、ラインの値を超えて下落すると、下落する勢いが強くなりそうだから、勢いがつくところの、ラインのレートより少し下くらいで売りたいな』という時に、現在のレートより下の、売りたいレートに逆指値注文を入れておくと、そのレートになった時に注文が入ります。

エントリーする時に使う、逆指値注文は【順張り(トレンドフォロー)】になります。

1-2.エグジットの時の逆指値注文

逆指値注文は、エントリーだけでなく、エグジットでも使えます。
エグジットで使う、逆指値注文は、【損切り】で使います。

損切りと聞くと、損をするということなので、嫌なイメージがありますが、損失を拡大させないためのものになる、バチクソ大事なことなので、エグジットで使う逆指値注文は、しっかりとマスターしてください。

エグジットの時の逆指値の使い方(買いポジション)

買いポジションを持っている場合、『ここまでレートが下がったら、自分が持っているポジションの根拠を失うから、損切りをしないといけないな』という時に、そのレートに逆指値注文を入れておくと、そのレートになった時に、損切りをしてくれます。

エグジットの時の逆指値の使い方(売りポジション)

売りポジションを持っている場合、『ここまでレートが上がったら、自分が持っているポジションの根拠を失うから、損切りをしないといけないな』という時に、そのレートに逆指値注文を入れておくと、そのレートになった時に、損切りをしてくれます。

2.逆指値注文のメリットとデメリット【デメリットは補える】

逆指値注文のメリットとデメリット【デメリットは補える】

逆指値注文にも、メリットとデメリットが存在します。
全てを理解した上で、今の相場に逆指値が合うかを考えながら、使用してください。

2-1.逆指値注文のメリット

これが、逆指値のメリットです。

  • 損切りがしっかりできる
  • 利益を伸ばせる

順番に説明していきます。

損切りがしっかりできる

ぼくは、損切りができることが、最大のメリットだと思います。

逆指値は、自分がエントリーをして、思惑方向とは逆に行ってしまった時に、エントリー根拠が崩れる時に、損切りをしてくれます。

また、チャートを見ている時に、成行注文でエグジットをしようとしてると、どうしても、「まだ大丈夫」といって、なかなか自分の思っていた損切りラインに達しても、損切りができない人がいるので、そういった方は、逆指値注文はとても有効です。

利益を伸ばせる

逆指値をうまく使う事で、利益を伸ばすことができます。

ここまでの内容で、損切りしかできないと思ってないですか?

逆指値をうまく使う事で、利益を伸ばすことが可能なんです。
そのやり方については、次の章で紹介していきます。

2-2.逆指値注文のデメリット

これが、逆指値のデメリットです。

  • 利益確定が遅れる
  • エントリーの注文とセットでエグジットの注文が出せない

これらのデメリットを、補う注文方法もありますので、全ての注文方法をマスターしてください。
それでは、順番に説明します。

利益確定が遅れる

逆指値注文は、今のレートより不利な方向にしか、置けません。
利益確定に逆指値注文を使う場合、今のレートより、不利な場所での約定となってしまうため、利益確定が遅れることになります。

エントリーの注文とセットでエグジットの注文が出せない

指値注文の記事でも、デメリットとして挙げているのですが、指値注文・逆指値注文は、エントリー注文と同時にエグジットの注文を出せないため、指値・逆指値注文を出して、出掛けた時に、そのレートで約定して、その後に思惑方向と逆にいってしまうと、大きな含み損になってしまうということもあり得ます。

3.逆指値注文はこう使え!【順張りトレーダーの親友です】

逆指値注文はこう使え!【順張りトレーダーの親友です】

逆指値注文の使い方について解説します。

【逆指値を極めるものは、順張りを極める】

勝手に名言(迷言?)を作ってしまいましたが、そのくらい逆指値は、優れていると、ぼくは思っています。
順張りトレーダーにとっては、親友と同じくらい、大切な注文方法だとも思っています。

逆指値注文を覚えたら、かなり有効に使えますので、ここの章は飛ばさずに読み進めてください。

3-1.順張りはトレードの基本【逆指値注文はかなり有効です】

先ほども言いましたが、逆指値注文は、順張りには、かなり有効です。

しっかりと、大衆心理を学んで、【みんなの損切りが多く入っているライン】を見極めるようになると、その場所に逆指値注文を置けるようになります。
そうすることで、逆指値注文が入ったと同時に、値が伸びる場所になりますので、すぐに利益につながります。

【みんなの損切りが多く入っているライン】の内容を知りたい方は、こちらの「【勝てる秘訣も伝授】FX初心者は短期トレードから始めるべき!!」と「【見られてる?】FXでエントリーした瞬間に逆行するのはポイントが悪い」の記事で説明してますので、確認してください。


3-2.損切りの逆指値注文は絶対必要!!

損切りは、FXを全体で見た時に、必要な要素になります。

損切りをうまくできない人は、一生FXでは負け組です。
どうしてもFXを始めた動機が【儲ける事】になっていますので、まずは、【儲ける事】よりも、【資金を減らさない事】に重点を置いて、考えてみてください。

逆指値注文を、エグジットに使うことで、自分が決めたトレードルールに則った損切りができるので、プロスペクト理論による【自分が決めた損切りラインずらし】がなくなり、損失を最小限に抑えることができます。

エントリー根拠が崩れたところに置くことで、資金を減らさないことにもつながりますし、すぐに損切りを行うことで資金効率も良くなります。

3-3.利益を段階的に伸ばし続ける

FXをやる上で、基本のダウ理論というのがあります。
このダウ理論で【トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する】というのがあります。

上昇トレンドの場合、高値と安値の両方が切り上がりを見せます。
安値が切り上がったら、その安値の下に、逆指値を移動させ続けることで、利益を伸ばすことができます。

FXは、損失を小さくして、利益を大きくする【損小利大】が大事だと言われています。
逆指値をうまく使う事で、損失を小さくもできますし、このように、トレンドが続く限り、利益を伸ばすことも可能なのです。

4.逆指値注文を使う時の注意点

逆指値注文を使う時の注意点

逆指値注文を使う時の注意点をあげます。

  • 絶対にそのレートで約定するとは限らない
  • 利益確定は成行注文になる
  • 相場環境が変わったら注文の削除を忘れずに

それでは、順番に説明していきます。

4-1.絶対にそのレートで約定するとは限らない

他の注文方法でも一緒ですが、このレートで約定するように予約をかけますが、絶対にそのレートで約定できるとは限りません
特に、その付近で大きく値が、動いた時には、予約したレートでの約定は難しくなります。

4-2.利益確定は成行注文になる

利益を段階的に伸ばし続けるでも、述べましたが、【安値】の下に置くために、高値での利益確定をしたいならば、それは成行注文になりますので、その点には注意が必要になります。

4-3.相場環境が変わったら注文の削除を忘れずに

時間が変わるたびに、相場環境は変わっていきます。

逆指値注文を出して、それを忘れてしまうと、相場環境が変わったにもかかわらず、その注文が残って、思いもしないところで、約定されてしまうということもあります。
そういったことにならないように、エントリー根拠が変わった時等には、注文の削除を忘れずに行なってください

5.他の注文方法を紹介

他の注文方法を紹介

逆指値注文の他にも、様々な注文方法があります。

逆指値注文以外の注文方法がこちらになります。

他の注文方法を覚えることで、トレード技術の向上につながりますので、他の注文方法もマスターしてください。

6.【まとめ】

逆指値注文は、指値注文よりかは、守りに適した注文方法だと思います。

FXを始める時には【儲ける事】に意識が入ってしまいがちですが、まずは、【負けない事】【資金を減らさない事】を考えてください。

守りを知らなければ、プロ集団が多数いる、相場の世界では生き残れません。
プロ集団から負けない為に、守りに適した逆指値注文が有効になってきます。

逆指値注文って、基礎中の基礎なので、あまり勉強する人が少なく感じます。
冒頭でもお伝えしたように、負けている人は、基礎ができていない人が多いように思います。

ここの基礎部分をしっかりと理解してトレードで活かして下さい。

では、今日はここまでー。
ちゃおー。