【極意】FXスイングトレードはトレンドの波に乗れ!

基礎知識・注意点

はいさい!tentenです!

今回は、スイングトレード について紹介します。

この記事を読むと、こんな悩みが解決します。

  • スイングトレードはどんなスタイル?
  • 時間があんまり取れないけど、FXしたい
  • スイングトレードの適正なレバレッジは?
  • スイングトレードコツが知りたいな

スイングトレードはトレードスタイルの中では、中期に位置します。
中期といっても、数ヶ月とかではなく、FXの場合は、持っても1週間ほどです。

中期的に持つことで、初心者の方でも、やりやすいトレードスタイルだと思っています。
ボクも、相場環境を見ながら、利益が取れそうだと感じた場合は、スイングトレードに変更して、トレードしています。

ボクが知っている、スイングトレードのコツも紹介していて、初心者でも参考になる記事になっています。

本記事の内容

  1. スイングトレードとは?
  2. 1-1.トレンドが掴みやすい
    1-2.スワップポイントも考慮する

  3. スイングトレード が向いている人の特徴
  4. 2-1.時間がない人
    2-2.余裕資金が多い人
    2-3.じっくりと戦略を練りたい人

  5. スイングトレードのコツ
  6. 3-1.スイングのコツ1:レバレッジは5倍まで
    3-2.スイングのコツ2:スワップポイントも考える
    3-3.スイングのコツ3:エントリーポイントより方向感を大事にする
    3-4.スイングのコツ4:順張りトレードでトレンドの波に乗る
    3-5.スイングのコツ5:リスクリワードの大事さ
    3-6.スイングのコツ6:損切りラインは絶対に守る

  7. スイングトレードが適したFX会社
  8. 4-1.tentenがオススメするスイングトレードに適したFX会社

  9. スイングトレードまとめ

1.スイングトレードとは?

スイングトレードとは?

FXのトレードスタイルは、大きく分けて4つです。
そして、どのように区分されているかというと、ポジションの保有時間にあります。
また、保有時間が変わるので、狙う値幅も変わってきます。

保有時間 狙う値幅
スキャルピング 数秒〜10分程度 1pips〜10pips程度
デイトレード 数十分〜数時間(1日) 10pips〜30pips程度
スイングトレード 数日〜1週間程度 100pips〜300pips程度
ポジショントレード 1週間以上 300pips以上

スイングトレードは、4つの中で、中期取引になります。

こちらが、スイングトレードの特徴です。

  • トレンドが掴みやすい
  • スワップポイントも考慮する

では、説明していきます。

1-1.トレンドが掴みやすい

スイングトレードは、数日から一週間程度、ポジションを保有します。

短期トレードより、長い目でポジションを保有した方が、小さなノイズによる、含み損や含み益に惑わされることなく、取引ができるので、トレンドを掴みやすいです。

トレンドに乗って、狙う値幅は100pips以上となります。

1-2.スワップポイントも考慮する

一日以上、取引を行う場合、FXはスワップポイントがつきます。
スキャルピングやデイトレードでは、その日のうちにエグジットしてしまうことが多いので、スワップポイントはほとんどつきません。

中長期でポジションを保有する場合には、このスワップポイントも意識しておかなければいけません。
スワップポイントがつく場合は、利益になるので、問題ありませんが、マイナススワップの場合は、損失になります。
ですが、マイナススワップを気にしすぎると、トレンドに乗れない場合もあるので、気にしすぎもNGです。

2.スイングトレード が向いている人の特徴

スイングトレード が向いている人の特徴

スイングトレードの特徴は、わかってもらったと思います。

この特徴から、スイングトレードに向いている人は、こんな人です。

  • 時間がない人
  • 余裕資金が多い人
  • じっくりと戦略を練りたい人

では、説明していきます。

2-1.時間がない人

スイングトレードは、FXをやりたいけれど時間がない人に、ぴったりなトレードスタイルです。
短期トレードのように、一日に何回もチャートを確認する必要はありません

小さなノイズによる、含み損や含み益は考えなくていいので、1トレードごとに、目標の利確ポイントと損切りポイントを決めておいて、エントリーしたら、チャートを確認するのは、一日に一回でOK

2-2.余裕資金が多い人

中長期トレードになるほど、レバレッジをあまりかけれません。
それは、許容するリスクの範囲が大きくなるからです。

短期トレード並に利益を出そうとすると、ある程度の余裕資金での運用が必要です。
できれば、100万円以上の資金が望ましいです。

2-3.じっくりと戦略を練りたい人

短期トレードは、直感力が大事になってきます。
ラインをゆっくり引いて、あーでもない、こーでもないって言っている時間はありません。

ですが、中長期トレードは、それが可能になります。
エントリーでも、多少のポイントのズレは、問題がありません。

3.スイングトレードのコツ

スイングトレードのコツ

スイングトレードで、ここだけは押さえておきたいポイントを紹介します。

そのポイントがこちらです。

  • スイングのコツ1:レバレッジは5倍まで
  • スイングのコツ2:スワップポイントも考える
  • スイングのコツ3:エントリーポイントより方向感を大事にする
  • スイングのコツ4:順張りトレードでトレンドの波に乗る
  • スイングのコツ5:リスクリワードの大事さ
  • スイングのコツ6:損切りラインは絶対に守る

では、説明していきます。

3-1.スイングのコツ1:レバレッジは5倍まで

スイングトレードは、大きな利幅を狙う分、それに見合う損失も許容しないといけません。

しっかりと、資金管理を行って、トレードをするようにして下さい。
一回のトレードで、資金を失うようなレバレッジのかけ方は、絶対にNG。

スイングトレードのレバレッジは3倍から大きくても5倍が適当です。

3-2.スイングのコツ2:スワップポイントも考える

中長期トレードでは、スワップポイントも考慮して、トレード戦略を練らなければいけません。

スワップポイントがついて、利益になれば問題ありません。
問題なのは、マイナススワップがついている時です。
ですが、高金利通過を扱わなければ、スイングトレードは気にする必要はないと思っています。

それよりかは、売買差益での利益の方が多いと思いますので、そちらを優先して考えるべきです。

スワップポイントでの注意点として、高金利通貨は魅力的に感じてしまいますよね。

なぜ、高金利だと思いますか?

その国が、高金利にしてても、資金を集めたい理由があるのです。
もし、高金利通貨に手を出したいのであれば、その理由を調べてからでも、遅くはないと思います。

3-3.スイングのコツ3:エントリーポイントより方向感を大事にする

スイングトレードは、エントリーポイントの多少のズレ(10pips程度)は、問題ありません。
それは、狙う値幅が大きいからです。

それよりも、大事なのは、しっかりとした方向感です。
エントリーポイントがずれたとしても、中長期トレードでトレンド方向にエントリーできたならば、利益につながります。

3-4.スイングのコツ4:順張りトレードでトレンドの波に乗る

スイングトレードは、順張りトレードでトレンドの波に乗ることが重要です。
トレンドの波に乗ると、利益を伸ばし続けることができます

なぜ、利益を伸ばし続けることができるのでしょうか?

それは、トレンドというのは、明確なトレンド転換のサインが出るまで、継続するという性質があるからです。
トレンドが出たら継続するので、明確なトレンド転換のサインが出るまで、持ち続けましょう。

3-5.スイングのコツ5:リスクリワードの大事さ

リスクリワードって知っていますか?

エントリーする前に、目標の利確ポイントと損切りポイントを決めますよね。
その時に、エントリーポイントから損切りポイントまでが50pips、利確ポイントまでが100pipsであった場合、リスクリワードが【1:2】となります。
逆に、損切りポイントが100pips、利確ポイントが50pipsだった場合は、【2:1】となります。

リスクリワードがいいと、勝率が悪くても勝ち越せるのですが、リスクリワードが悪く、勝率が良くても、一回の負けで大きく資金を失うことになります。
エントリーする時は、リスクリワードを意識しながら、できれば【1:2】、最低でも【1:1】以上のところを狙うようにしましょう。

3-6.スイングのコツ6:損切りラインは絶対に守る

損切りを入れずに、ずるずると塩漬けしてしまう人は、遅かれ早かれ相場から退場してしまいます。

『何度か、同値撤退したから今回も戻ってくるよ』って人がいますが、かなり危険です。

FXって、確かにそうなんですよ。
値が、戻ってくるんです。
だから、みんな油断するんですが、もちろんそれがないことだってあります。

その時は、退場まで待つしかできなくなります。

それよりかは、しっかりとエントリー時に決めた、根拠が崩れる場所に損切りラインを設定して、確実に損切りして下さい。
できない人は、逆指値を使って、損切りしてもOK。

逆指値については、こちらの「FXの逆指値とは?【順張りトレーダーの親友です】」記事で紹介しています。

4.スイングトレードが適したFX会社

スイングトレードが適したFX会社

スイングトレードに適したFX会社とは、どんな会社なのでしょうか?

それは、下記です。

  • スプレッドが狭い
  • スワップポイントが支払額と受取額に差がない

スプレッドが狭い

これは、どのスタイルでも重要ですが、FXにおいてスプレッドは費用です。

費用はできるだけ安い方がいいですよね。
ですので、スプレッドも狭いに越したことはありません

スワップポイントが支払額と受取額に差がない

FX会社は、スワップポイントでも利益を出しています。

どういうことかというと、スワップポイントの支払額と受取額に差をつけて、FX会社にとって、有利な金額になっています。
つまり、支払額を多くして、受取額を少なくすると、FX会社の儲けになるということです。
そして、トレーダーはその分、損をするということです。

中長期トレーダーにとっては、これは、できるだけ避けたい部分です。

FX会社を選ぶ時は、このスワップポイントの支払額と受取額の差も確認して下さい。

4-1.tentenがオススメするスイングトレードに適したFX会社

ボクが、オススメするスイングトレードに適していると思うFX会社は、「みんなのFX」です。
上記であげた、スプレッドは、業界最狭水準ですし、スワップポイントの支払額と受取額の差もほとんどありません
スイングトレードをするには、持っておくべきFX口座です。

みんなのFXについて、こちらの「【有料級】みんなのFXを使ってみた感想」記事で紹介しています。

5.スイングトレードまとめ

スイングトレードは、じっくり考えることができて、順張りトレードなので、初心者にオススメなスタイルです。
トレンドにも乗りやすく、負けているトレーダーもスイングトレードを、やってみる価値はあると思います。

最後に、スイングトレードのポイントをまとめます。

  • スイングトレードは数日から1週間程度で、100pips以上
  • スワップポイントが高いというだけで高金利通貨はNG
  • レバレッジは5倍まで
  • 方向感が大事
  • トレンドの波に乗り続ける

では、今日はここまでー。
ちゃおー。