FXトレードで大事な4つの事【勝つ為の基礎!】

基礎知識・注意点

はいさい!tentenです!

今回は、FXのトレードをする上で、大事な基礎をまとめました。

この記事を読めば、こんな悩みが解決します。

  • FXで勝つ為には、どんな事を知らなければいけないのかな?
  • 自分にはどんなトレードスタイルがあってるんだろう?
  • FXの基礎ってどんなの?
  • とりあえずトレードレベルをあげたいな
  • 基礎は分かったから、エントリーのコツを知りたい!

トレードスタイルの選定からトレードをする上での基礎。
そして、FXの基本注文方法と特殊注文方法を知ってもらい、トレードレベルをあげてもらいます。
最後に、エントリーする時のコツを少し紹介したいと思います。

この記事は、トレードする前段階です。
ここの理解がなければトレードで勝つ為に遠回りをすると思います。
最短距離で勝つ為に、しっかりと基礎を身につけてください。

本記事の内容

  1. 自分にあったトレードスタイルを見つけよう
  2. 1-1.スキャルピング
    1-2.デイトレード
    1-3.スイングトレード
    1-4.ポジショントレード

  3. トレードする上での基礎知識(ロング・ショートとは?)
  4. 2-1.トレードのロングとは?
    2-2.トレードのショートとは?

  5. 注文方法を使いこなしてトレードレベルを上げる
  6. エントリーのコツはここ!
  7. トレードで大事な事まとめ

1.自分にあったトレードスタイルを見つけよう

自分にあったトレードスタイルを見つけよう

FXのトレードスタイル4つあります。

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • ポジショントレード

トレードスタイルの違いは、ポジションの保有時間の長さにあります。
それぞれ説明します。
全てのトレードスタイルの詳細はこちらの「FXのトレードスタイルは4つ【自分合うスタイルが見つかる!】」記事に紹介しています。

1-1.スキャルピング

スキャルピングは、この中一番保有時間が短く、超短期に位置しています。
特徴は、下記です。

保有時間は数秒から10分程度で、狙う値幅は1pipsから10pips程度です。

スキャルピングが合う人はこちらになります。

  • 判断力がある人
  • 時間がある人(常にチャートが見れる)
  • ゲームが大好きな人
  • 単調なことが好きな人
  • お金の意識をなくせる人

スキャルピングでは、常にチャートがみれる状況にないと厳しいです。
また、初心者には厳しいトレードスタイルだと感じています。

スキャルピングを詳しく知りたい方は、こちらの「FXスキャルピング10の極意」記事で紹介しています。

1-2.デイトレード

デイトレードは、一日の中でトレードを完結するスタイルです。
この中では、短期に位置しています。
特徴は、下記です。

保有時間は数十分から数時間(1日)、狙う値幅は10pipsから30pips程度です。

デイトレードが合う人はこちらになります。

  • 21時から24時で時間が空く人
  • ルールを守れる人
  • 単調なことが好きな人
  • お金の意識をなくせる人

デイトレードは、夜しか時間の取れないサラリーマンや家事育児でお昼は忙しい主婦の方に向いています。
デイトレードだったら兼業でできるのが嬉しいです。
初心者でもやりやすく感じると思います。

デイトレードを詳しく知りたい方は、こちらの「FXデイトレードtenten流6つの極意【お祈りトレードはダメ。ゼッタイ。】」記事で紹介しています。

1-3.スイングトレード

スイングトレードは、中期になります。
ここからは、日を跨ぐスタイルとなります。
特徴は、下記です。

保有時間は数日から1週間程度、狙う値幅は100pipsから300pips程度です。

スイングトレードが合う人はこちらです。

  • 時間がない人
  • 余裕資金が多い人
  • じっくりと戦略を練りたい人

スイングトレードは日を跨ぐトレードになる為、中期のトレンドを狙う必要があります。
また、スワップポイントもスイングトレードから付きます。
利益を取れるのが、売買差益だけでなくなるのでやり方次第では、利益が大きくなります
スイングトレードもデイトレードと同じく、初心者にオススメのトレードスタイルです。

スイングトレードを詳しく知りたい方は、こちらの「【極意】FXスイングトレードはトレンドの波に乗れ!」記事で紹介しています。

1-4.ポジショントレード

ポジショントレードは、この中で一番の長期になります。
特徴は下記です。

保有時間は1週間以上、狙う値幅300pips以上はです。

ポジショントレード が合う人はこちらです。

  • 投資資金が豊富な人
  • 気長に待てる人

ポジショントレードは、大きなリスクを背負います。
また、大きな含み損を抱えても気長に待たないといけません。
投資資金が豊富な人でないと厳しいトレードスタイルになります。

ポジショントレードを詳しく知りたい方は、こちらの「FXポジショントレードは何もしなくてもザックザク?【〇〇が運命を決める】」記事で紹介しています。

2.トレードする上での基礎知識(ロング・ショートとは?)

トレードする上での基礎知識(ロング・ショートとは?)

FXでトレードする時は、買いでも売りでも注文を出せます。

「そんなの知ってるよ」っていう人もいると思いますが、今一度確認してください。
ここでは、買いのロングと売りのショートを説明しています。
ロングとショートの由来を知るだけでもトレードが上達すると思います。

2-1.トレードのロングとは?

買いで新規注文をする事を【ロングエントリー】と言います。
ロングエントリーした事を、略し「ロングで入った」という時もあります。

ロングの詳しい説明は、こちらの「【超基礎】FXでいうロングとは?【ずばり買いの事】」記事で書いています。
この記事で、ロングの由来も紹介しています。
由来を知る事で、トレードに活用できますので、ぜひ確認してください。

ロングエントリーする時の基本

ロングエントリーする時は、押し目買いで入ります。
押し目買いはトレードの基本です。
押し目買いを詳しく説明した「FXの押し目買いとは【負け続けている人はこれができていない!】」記事を書いています。
初心者や負け続けているトレーダーには、ぜひマスターして欲しいと思います。

2-2.トレードのショートとは?

売りで新規注文をする事を【ショートエントリー】と言います。
ショートエントリーした事を、略し「ショートで入った」という時もあります。

ショートの詳しい説明は、こちらの「【超基礎】FXのショートとは?【売りでOK】」記事で書いています。
ショートの由来ももちろん説明しています。

ショートエントリーする時の基本

ショートエントリーする時は、戻り売りを狙ってエントリーします。
戻り売りはショートエントリーの基本です。
その戻り売りを詳しく説明した「FXの戻り売りとは【基礎からエントリーポイントまで全て解説!!】」記事で書いています。

3.注文方法を使いこなしてトレードレベルを上げる

注文方法を使いこなしてトレードレベルを上げる

FXで使える注文方法は7種類あります。
基本が3種類、特殊が4種類です。

  • 基本注文
  • ・成行注文
    ・指値注文
    ・逆指値注文

  • 特殊注文
  • ・IFD注文
    ・OCO注文
    ・IFO注文
    ・トレール注文

全7種類を覚えるだけでも、トレードレベルは間違いなく上がります
特殊注文を覚えると、自分のトレードルール通りにエントリーからエグジットまで、できることもあるのでかなりオススメです。

全注文方法について、詳しくまとめたのがこちらの「【まとめ】FXの全7種類の注文方法【使い分けて最大限利益を伸ばせ!!】」記事で紹介しています。

4.エントリーのコツはここ!

エントリーのコツはここ!

基礎を学んで、基本通りエントリーしても大体がすぐに逆行しています。
その理由は、【長期足での相場環境認識ができていない】からです。

長期足での相場環境認識ができていないと、【重要なライン】の見極めができません。
【重要なライン】とは、【みんなの損切りが多く入っているライン】です。

結論を言ってしまいましたが、詳細を説明したのがこちらの「【見られてる?】FXでエントリーした瞬間に逆行するのはポイントが悪い」記事で紹介しています。

5.トレードで大事な事まとめ

トレードで大事な事をまとめます。

  • トレードスタイルを決めよう
  • トレードの基本を覚えよう
  • 注文方法をマスターしよう
  • エントリーのコツを知ろう

FXは基礎がとても大事です。
ボクは、基礎だけでトレードをしています。

何もホームランを狙っているわけではないです。
卑怯かもしれませんが、ボクは常にバントです。
それでもなんとか勝ち越しているのです。

プロは常にホームランを狙ってきています。
そのプロに真っ向からホームラン争いを挑んでも、FXでは負け続けるだけですよ。

初心者や負け続けているトレーダーは基礎を身につける事をオススメします

では、今日はここまでー。
ちゃおー。