FXで全然勝てない?【まずは勝てない原因を探す】

心理

はいさい!tentenです!

今回は『FXで全然勝てない時』についてです。

この記事を読めばこんな悩みが解決します。

  • FXで全然勝てない…助けて。
  • 全然勝てない原因がわからないよ。
  • 全然勝てないのは手法が間違ってるからだ!

FXで全然勝てない時期ありますよね。
全然勝てないないのは、初心者よりある程度知識をもっているトレーダーが多いような気がします。

全然勝てない時は「手法が間違っているんだ!」と思って、違う手法を探しがちです。
それが続いて、また違う手法を探すと繰り返します。

全然勝てないのは【原因】があります。

この記事では全然勝てない時の原因と対処法を紹介していますよ。

本記事の内容

  1. FXで全然勝てないのは【上位足の目線】が違うから
  2. 【手法】じゃなく【基本】がとにかく大事
  3. 2-1.【ダウ理論】で目線を見る
    2-2.『安くで買って、高くで売る』はできてる?

  4. 全然勝てなくなるときの原因と対処法
  5. 3-1.上位足の環境認識ができていない
    3-2.プロスペクト理論の理解が足りない
    3-3.レバレッジが高過ぎる
    3-4.ポジポジ病
    3-5.オシレーターの入れ過ぎ

  6. 究極の対処法は【休む】
  7. FXで全然勝てないときのまとめ

1.FXで全然勝てないのは【上位足の目線】が違うから

FXで全然勝てないのは【上位足の目線】が違うから

FXで全然勝てない、最大の原因は【上位足の目線】が違うからです。

チャートでエントリー足を見過ぎていて、長期足の環境認識が出来ておらず、エントリー足でのサインが出たからエントリーしても、上位足でトレンドラインで反転という理由がとても多いです。

まずは上位足とエントリー足での目線が合っているのかを確認してください

2.【手法】じゃなく【基本】がとにかく大事

【手法】じゃなく【基本】がとにかく大事

全然勝てなくなると、自分を疑わず【手法】に目が行きがちですが間違いです。
正直【手法】はなんでもいいんです
同じ【手法】を使っても、勝てる人と負ける人に分かれます
ということは【手法】に問題があるのではなく、【自分】に問題があるのです。

具体的にいうと手法以前に【基本】が出来ていません。

まずは自分の基本を疑いましょう。

具体的に基本というのがこちらです。

  • ダウ理論
  • 安くで買って、高くで売る

では、説明していきます。

2-1.【ダウ理論】で目線を見る

まずはダウ理論をしっかりと理解できていますか?
最低でもこれは理解しておいてください。

トレンドは転換の明白なシグナルが出るまで継続する

これを理解するには【トレンドの定義】【真安値・真高値】を理解しとかないといけません。
これを簡単に説明しておきます。

トレンドの定義はこちらです。

  • 上昇トレンド:高値と安値の両方が切り上がる
  • 下降トレンド:安値と高値の両方が切り下がる

真安値と真高値の意味はこちらです。

  • 真安値:上昇トレンドで最高値の起点となった安値
  • 真高値:下降トレンドで最安値の起点となった高値

この内容をもっと深く理解したいという方は、【ダウ理論】記事で詳細に解説しています。

2-2.『安くで買って、高くで売る』はできてる?

トレードの基本ですが、これが意外と難しいです。

安くで買って、高くで売る

これが出来ていないのは上記でも説明した、エントリー足しか見ていない証拠になります。

【安くで買って、高くで売る】のポイントは【みんなの損切りが多く入っているライン】を探す事です。
これを意識する事で無駄なエントリーも減ってきますし、しっかりとした【勝てるポイント】でエントリーする事もできるようになります。

3.全然勝てなくなるときの原因と対処法

全然勝てなくなるときの原因と対処法

全然勝てなくなった時には上位足の目線が合ってない以外にもあります。
それがこちらです。

  • プロスペクト理論の理解が足りない
  • レバレッジが高過ぎる
  • ポジポジ病
  • オシレーターの入れ過ぎ

上位足の目線も含めて原因と対策法を解説していきます。

3-1.上位足の環境認識ができていない

上位足の環境認識ができていないも、エントリーしてもすぐに逆行して、一度も含み益にならないまま損切りラインに当たって終了です。

この対策方法としては上記でも説明しましたが【みんなの損切りが多く入っているライン】を探す事です。
みんなの損切りポイントがわかると、エントリー後すぐに含み益になりやすく勝率もあがります

3-2.プロスペクト理論の理解が足りない

プロスペクト理論の理解がないと『利益は少なく、損失が多くなる』という現象が起きます。
FXでいう最悪な【損大利小】ですね。

こうなってしまうと、せっかく利益が出ても一回の損失で多くの利益を失って、最後には投資資金もなくなるという事態となります。
プロスペクト理論はもともと人間の持つものになりますので、克服するには難しいです。

ですが対処法はあります。
トレードをルール化してしまうという事です。

ルール化する事で、トレードが機械的になり心理面でのデメリットがなくなることになります。

プロスペクト理論はこちらの記事で紹介しています。

3-3.レバレッジが高過ぎる

レバレッジが高過ぎると、一度損失を出しただけで大きく資金が減ることになります。

そうなると、今までやっていたポジションで勝負できなくなり、資金を元に戻すまで時間がかかります。
基に戻せればいいですが、どこかでレバレッジを上げたりなんかするとそれが繰り返されることになります。

この対策方法としては、レバレッジを下げることです。
適正なレバレッジはトレードスタイルで変わってきます。

スキャルピング 10倍から15倍
デイトレード 5倍から10倍
スイングトレード 3杯から5倍
ポジショントレード 1倍から3倍

トレードスタイルに合わせてレバレッジを変えていきましょう。

3-4.ポジポジ病

ポジポジ病は『トレードをしておかないと利益を逃してしまうのかもしれない』という気持ちが大きくなって、ポジションを持っていないと落ち着かない病気の事です。
ポジポジ病になってしまうと、利益にならないところ、損失が出るようなところでもポジションを持ち無駄な損失になる事が多いです。

ポジポジ病での対処法は、複数の口座を持つ事です。
メインの口座と遊ぶ用の口座を持ちます。
どうしてもポジションを持ちたい時には遊ぶ用の口座で極上ロットでトレードする事で気持ちを落ち着けてください。

3-5.オシレーターの入れ過ぎ

手法はばかりに頼って、チャート画面がオシレーターで見にくくなってませんか?
人間は簡単なことでも難しく考えようとする習性があります。
シンプルに出来ることなのにわざわざ難しく考えて自分で勝ちにくくなっているだけです。
そんな人は要注意です。

この対処法は、オシレーターの特徴を理解してから使うことです。
ひとつのオシレーターを理解する事でもっとシンプルにトレードができます。
オシレーターの意味を知れば、複数のオシレーターを表示させる意味がなくなりますよ。

4.究極の対処法は【休む】

究極の対処法は【休む】

ここまできても何故か勝てないという人は…一度チャートから離れましょう。
最低でも1週間です。
一度リフレッシュしてください。

FXはすごいストレスのかかる投資です。
そのストレスを一度解消する必要があります。

休むも相場

という格言もあります。

一度チャートから離れて、心をリフレッシュして、万全な状態でトレードするようにしましょう。

5.FXで全然勝てないときのまとめ

FXで全然勝てないという人のほとんどは基本ができていません。
手法を探すより基本を覚える努力をしてください。
楽してお金を稼ぐ方法はこの世にはありません。
その事を肝に銘じておきましょう。

最後に全然勝てない時のポイントをまとめておきます。

  • ダウ理論を理解する
  • 安くで買って、高くで売るを実践する
  • 上位足の目線が大事
  • どうしても勝てない時はチャートから離れる

では、今日はここまでー。
ちゃおー。