FXはエントリールールがないと最終的に勝てない?【作り方とコツ】

テクニカル分析

はいさい!tentenです!

本日はエントリールールについてです。

この記事を読めばこんな悩みが解決します。

  • 全くトレードの成績が安定しないな・・。全然資金も増えないし。
  • エントリールールを作るとどうなるの?
  • エントリールールを作りたいけど、どうやって作ればいい?

FXでトレードする時には一番最初にやり始めるのが【エントリーポイント】を見つけることですよね。
エントリーポイントを見つけて、予測して上か下か・・・ということをやっていると思います。

ですが、そのエントリーポイントってしっかりと定まっていますか?
今回は、そのエントリーポイントをしっかり定めようね。って話です。

それはエントリールールを作ることで解決しますよ。

なぜ自分の投資資金が増えないのかもココに全てがあります。
これだけは声を大にして言いたい。

資金を増やしたければ、エントリールールを作れ!!

では、エントリールールについて解説していきます。

本記事の内容

  1. エントリールールってどうして必要?
  2. 1-1.目的はひとつ【資金を機械的に増やす為】

  3. エントリールールを作る前の基礎知識
  4. 2-1.ダウ理論
    2-2.グランビルの法則
    2-3.エリオット波動理論

  5. tentenのエントリールール公開
  6. エントリールールの作る時のコツ
  7. エントリールールのまとめ

1.エントリールールってどうして必要?

エントリールールってどうして必要?

FXのトレードでエントリールールを作ってエントリーしていますか?
FXでエントリールールを作るとこういったメリットがあります。

  • ポジポジ病がなくなる
  • 飛び乗りエントリーがなくなる
  • 指標トレードをしなくなる

上記で挙げたものをまとめると無駄なエントリーが減るという事です。
無駄なエントリーを避ける事ができるというわけです。
無駄なエントリーをしないというのは、まだ道半ばです。

最終的にはここに行き着きます。

資金を機械的に増やす為

1-1.目的はひとつ【資金を機械的に増やす為】

資金を機械的に増やすとは、まさに【投資】になります。

FXってギャンブルって言われることがありますよね。
エントリールールを持つことで、FXのギャンブル性を極力減らし、FXが投資に向かいます。
エントリールールを作ってしまうと、ギャンブル感がなくなってしまうので楽しくなくなるっていう人もいます。

FXで勝ちたければ、自分が負けている原因の無駄な事を省いていきましょう

2.エントリールールを作る前の基礎知識

エントリールールを作る前の基礎知識

エントリールールを作る前に押さえておきたい基礎知識があります。
それがこちらです。

  • ダウ理論
  • グランビルの法則
  • エリオット波動理論

それでは説明していきます。

2-1.ダウ理論

ダウ理論はさすがに説明不要ですよね。

ダウ理論を知らないと、どこがトレンドなのか?トレンドのどこを狙えばいいのかが、具体的にわからないです。

ですので、知らないという方はまずはこちらからダウ理論を勉強してください。

2-2.グランビルの法則

グランビルの法則は、ローソク足と移動平均線の位置関係には法則性があるというものです。

移動平均線を真剣に考えたことってありますか?
なんか最初からあったから、なんとなく表示させているじゃダメですよ。

移動平均線だけでも、ここらへんの人が苦しんでいるなーとか考えられます。
これは直接的にはグランビルの法則と関係ありませんが、移動平均線を考察することで次の動きはこうなりそうだなとかも見えてきます。

また、グランビルの法則はエントリーポイントの一つの根拠として使えます。

グランビルの法則の詳細はこちらからどうぞ。

2-3.エリオット波動理論

エリオット波動理論は、ダウ理論の必要な補足としています。
ダウ理論の進化系的な感じですね(笑)

エリオット波動理論は基本パターンというものが決まっていて【5つの上昇波と3つの下降波の8つ波を1サイクル】としています。

これを頭に入れておくだけでもトレードが変わってきますよ。

エリオット波動理論の詳細はこちらからどうぞ。

3.tentenのエントリールール公開

tentenのエントリールール公開

エントリールールの作り方は人それぞれ違います。
これは自分自身で作らないといけません。

ですがそれだと困るという方のために、ボクのエントリールールを紹介します。

このエントリールールを真似してもらってもいいです。
改良された方は、コソッと教えてくださいね(笑)

こちらがボクのエントリールールです。

  • ダウ理論のトレンドの定義は無視していないか
  • ダウ理論の追随期を狙っているか(エリオット波動理論の3波)
  • 移動平均線は離れすぎていないか
  • 移動平均線とエントリーする方向と逆向きではないか
  • チャートパターンは形成されたか

これを具体的にしたものが、グランビルの法則の②と⑥になります。

これがボクが使っているエントリールールです。
拍子抜けしましたか?
勝っているトレーダーって結構シンプルにしてるんですよ。

4.エントリールールの作る時のコツ

エントリールールの作る時のコツ

エントリールールを作る時にはコツがあります。

そのコツがこちらです。

  • リスクリワードや勝率にこだわらない
  • 期待値(プロフィットファクター)をこだわる
  • 期待値は1.0以上
  • シンプルなエントリールールにする
  • だけど根拠が薄いのはNG(オシレーター一個だけとか)

エントリールールを作る時に、ついついオシレーターがこうなったらとか、ゴールデンクロスしたらとか考えがちですが、根本にこういった内容のものがないとルール自体が間違った方向に行く可能性があります。
上記の内容を頭に入れて、エントリールールを作ってみてください。

5.エントリールールのまとめ

エントリールールを作るとトレードが機械的になるのでトレードに面白みがなくなります。

FXはそれほど淡々としているものになります。

ですがFXを始めた当初の目的を思い出して欲しいです。
ほとんどの人が【お金持ちになりたい!】と意気込んでたことでしょう。

それを実現してくれるものがエントリールールになります。

勝っているトレーダーは派手にやっているわけではありません。
それはあなたの勝手なイメージですよ(笑)

最後にエントリールールのポイントをまとめておきます。

  • エントリールール作るのは【資金を機械的に増やす為】
  • エントリールールはシンプルにする
  • 期待値にこだわる

では、今日はここまでー。
ちゃおー。